株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都中央区

工事概要

2007年 6月 掲載

工種

地中障害撤去工事

工法

①ロックオーガー工法
②オールケーシング工法

工事場所

東京都中央区勝どき

明細

①ロックオーガー工法
コラム杭 杭径:Φ1500 杭実長:9.0m・土間基礎 1500mm 77箇所
②オールケーシング工法
コラム杭 杭径:Φ1500 杭実長:9.0m・土間基礎 1500mm 70箇所

使用機械

①ロックオーガー工法
LM1450(三点支持機 オーガー150HPを装着)
0.3m3油圧ショベル
②オールケーシング工法
RT2000(全周回転掘削機)
BM900(90t クローラクレーン)
ハンマーグラブ
0.45m3油圧ショベル

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

本現場ではロックオーガー工法、オールケーシング工法にて土間及び基礎1500mmと基礎の下にあるΦ1500のコラム杭を撤去しました。
現場中央部は全周回転掘削機を設置し、表層の土間基礎を撤去後、コラム杭の撤去。現場外周部は全周回転掘削機の設置が困難な為、三点支持機にカムオーガーを装着し、土間基礎をコア抜き、下部のコラム杭をロックオーガーにて撤去しました。
限られた工期、スペースの中でロックオーガー、オールケーシング、解体の3種の工事が行われましたが、元請担当者、各施工担当者の綿密な打合せにより、安全に工事を完了しました。

工事内容

①ロックオーガー工法:コア抜後、状況

①ロックオーガー工法:撤去後、土間基礎(1500mm)

①ロックオーガー工法:ロックオーガー施工状況

②オールケーシング工法:全周回転掘削機にて掘削(ケーシング径Φ1800)

②オールケーシング工法:ハンマーグラブにて土間基礎、コラム杭を撤去

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」