株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都文京区

工事概要

2016年 12月 掲載

工種

既存杭撤去工事

工法

MRT工法

工事場所

東京都文京区某所

明細

Ф700 場所打杭(品質不良斜杭) L=10.0m撤去
Ф800ケーシング 4割(斜杭想定にて)

使用機械

DHJ-45(地中障害仕様機)

カタログPDF

CK120UR(4.9Tミニクレーン)

ZX135(0.45m3BH)
油圧ハンマーグラブ

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

現場はオーガーケーシング工法にてФ600~1300場所打杭(L=21.0m~25.0m)の杭を
23本引抜計画でした。計画のうち1本が斜杭となっており、オーガーケーシング工法では
施工不可と判断し、MRT工法にて撤去致しました。

使用した機械は弊社が日本メーカーと共同開発した最新機械です。機械の特徴としては、
比較的小型のベース機に対して従来機より高い能力があるため「狭隘地」での施工に
適した仕様になっている点です。

撤去する既存杭はФ700でしたが、斜杭角度を考慮してФ850と想定し、Ф800ケーシング
4割にて施工致しました。

現場条件より、全ての搬入出車両(残土搬出、撤去ガラ搬出、流動化処理土、泥水汚泥
搬出など)を現場内で収めながら、実際の施工敷地面積は15m×15m程度でしたが、
限られた施工スペース内にて撤去を完了致しました。

工事内容

弊社最新機種(DHJ-45地中障害仕様機)

組立状況(4.9Tミニクレーンにて組立)

土部廃土状況(取付アタッチメント:オーガーヘッド)

場所打杭撤去状況(取付アタッチメント:コアチューブ)

場所打杭主筋撤去状況(取付アタッチメント:油圧ハンマーグラブ)

1割にて撤去した場所打杭

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」