株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都新宿区

工事概要

2008年 11月 掲載

工種

既存杭引抜工事

工法

多滑車併用 オーガーケーシング工法

工事場所

東京都新宿区新宿4丁目

明細

場所打杭 Ф1000 L=24m 5本 杭頭GL-3500

使用機械

TK750cv400(杭抜機本体)

BM900(90t吊 相判クレーン)

35TR(杭抜用多滑車)

SK200(0.7m3 解体機)

SK135(0.45m3 油圧ショベル)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

本現場ではSMW(ソイルセメント連続壁)工事に支障となる既存杭の引抜工事を行いました。
本現場は都心部ということもありマンションや大通りに面していたので、飛散や重機設置に配慮し施工を行いました。

工事内容

①杭頭出・スタンドパイプ建込・杭抜専用資材設置
掘削用ショベル(0.45m3)で現状地盤より-4m掘削し、相判クレーンでスタンドパイプを建込み、杭抜専用資材を設置します。

②重機設置・杭周削孔
重機転倒防止の為に重機足元の敷鉄板を井桁に敷設後、重機を設置し杭抜用特殊ケーシングにて杭周を削孔します。
引抜杭が長い為、途中でケーシングをジョイントして所定深度まで削孔します。
削孔後はジョイントしたケーシングを切り離しながら引上げします。

③引抜杭玉掛・杭地切・杭引抜・杭切断・埋戻し
引抜杭にワイヤーを掛けて杭抜用多滑車で地切り後、相判クレーンで引抜きます。
0.7m3解体機で安全に倒せる長さに杭を切断、引抜後埋戻します。

スタンドパイプ

杭頭出

削孔

引抜

切断

埋戻1

埋戻2

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」