株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都板橋区

工事概要

2018年 8月 掲載

工種

既存杭引抜

工法

多滑車併用オーガーケーシング工法

工事場所

東京都板橋区某所

明細

場所打杭 φ1500-2000 L=21.5m 16本

場所打杭 φ1500    L=21.5m 24本

 

 

使用機械

削孔機(75Tクローラベース TK750CR400)×2台

引抜機(55Tクローラベース 多滑車)×2台

クローラクレーン(100T)×2台

油圧ショベル(1.4㎥ 解体機)×2台

油圧ショベル(0.7㎥ 掘削機)×2台

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

当現場は倉庫解体に伴う場所打杭引抜の現場でした。
拡底杭を含む場所打杭の引抜作業は2班体制で行いました(1班あたり5台の重機を使用)。
杭抜用ケーシングでの杭周削孔後は、杭重量がある為、多滑車で引上げ、解体用アタッチメントを
装着した油圧ショベルにて切断(3分割)し引抜を行いました。
使用した重機のそれぞれの役割は以下になります。

・削孔機(75Tクローラベース):杭抜用ケーシングを装着し、杭周を削孔
・引抜機(55Tクローラベース):多滑車を装着し、杭引抜
・クローラクレーン(100T):切断した杭を吊り上げ、地面に倒し
・油圧ショベル(1.4㎥・解体機):引上げられた杭を切断
・油圧ショベル(0.7㎥・掘削機):杭頭出し

 

 

工事内容

杭頭出し・スタンドパイプ設置

杭抜用ケーシングにて杭周削孔

 

杭抜作業状況

引抜後の杭(拡底部)

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」

社員ブログ