株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都港区

工事概要

2015年 12月 掲載

工種

既存杭引抜工事

工法

オーガーケーシング工法

工事場所

東京都港区某所

明細

場所打杭 Φ800~Φ1800 L=23m~25m 71本
PHC杭 Φ450~500 L=24m~25m 9本
松杭  L=8m~9m 73本

使用機械

TK750cv400(75Tベース杭抜機)

TK550(多滑車杭抜機)

BM1000(100T相伴クローラークレーン)
1,4m3(大割解体機)
0,8m3(油圧ショベル)

TK750cv400(75Tベース杭抜機)

TK750(多滑車杭抜機)

120T相番クローラークレーン
1,4m3(大割解体機)
0,7m3(油圧ショベル)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

当現場は複数の建物を解体した後に複合的な大型ビルを建築する再開発的な現場でした。
杭種(場所打杭、PHC杭、松杭)、杭長、杭頭深さも様々なケースがあり、計画図面にない杭(既存建物の前の建物の杭)もあり突発的に対応をとらなければならない現場でした。
使用重機はケーシング削孔機(75Tベース)、引抜機(多滑車・75Tベース)、相伴機(120tクローラクレーン)、杭切断機(1.4㎥解体機)、掘削機(0.7㎥)を1班として行いました。

工事内容

杭頭出状況

杭周削孔状況

引抜状況

埋戻状況(流動化処理土)

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」