株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都港区

工事概要

2017年 8月 掲載

工種

地中障害撤去工事

工法

MRT工法

工事場所

東京都港区某所

明細

PHC杭 300φ×掘削深さ27m
PHC杭 350φ×掘削深さ27m
PHC杭 600φ×掘削深さ27m

使用機械

DHJ-45(障害撤去仕様機)

カタログPDF

0.15m3油圧ショベル

4.9tミニクレーン

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

当現場は建物解体後の既存杭の引抜を通常のオーガーケーシング
工法で計画しておりました。

しかし、
①現場敷地が9.0m×17.0mと狭隘地であること
②指定埋戻工法の攪拌資材が現場に入りきらないこと
③埋戻し精度への懸念(新設杭への影響)
④杭頭掘削時の外周部への影響(隣接木造建屋への影響)
上記の問題があり、通常の杭抜き工法では施工不可との判断から、
オールケーシング工法へ設計変更になりました。

しかし従来の小型障害撤去機では撤去深度に到達できず、また大深度
施工が可能な障害撤去機では機械自体が大きく施工不可との判断に
至り、お客様から当社への依頼がありました。

「狭隘地で大深度施工を可能にする」コンセプトで当社が開発した
DHJ-45障害撤去仕様機 による「MRT工法」で当社が施工いたしました。

工事内容

現場全景

流動化処理土による埋戻状況(トレミ管使用)

ケーシングによる掘削状況

オーガースクリューによる掘削

コアチューブによる障害撤去

コアチューブによる撤去物

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」