株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都目黒区

工事概要

2009年 2月 掲載

工種

既存杭引抜工事

工法

オーガーケーシング工法

工事場所

東京都目黒区碑文谷

明細

PHC杭 Ф300 L=10m 73本 杭頭GL-1500
Ф350 L=10m 3本 杭頭GL-1500
Ф400 L=10m 2本 杭頭GL-1500

使用機械

TR50cv330(杭抜機本体)

SK135(0.45m3 油圧ショベル)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

本現場では、新設杭に干渉する既存杭(PHC)の引抜工事を行いました。
現場は広く重機移動が多い為、55tベースのクローラータイプを予定していましたが、搬入路が狭いのでトレーラーの搬入搬出ができないことから50tのラフターベースを選定しました。

工事内容

0.45m3バックホーで杭頭を出してから新設杭に干渉する杭のみ引抜をしました。

引抜杭は打撃による打込工法の為に杭の状態が予測不可能な場合も多く、我々の持っている知識や経験、技術を持って施工を完了致しました。

引抜杭を引抜ながら杭を上下させ杭穴の空洞化を極力防ぐ手順(貧配合 セメントミルク+砂)を用い効果的な埋戻し措置を行いました。

杭周削孔①

杭周削孔②

引抜①

引抜②

埋戻①

埋戻②

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」