株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都八王子市

工事概要

2008年 9月 掲載

工種

山留工事

工法

アボロン工法(セメントミルク工法)

工事場所

東京都西八王子市

明細

H鋼300      L=7.5m 37本
H鋼250      L=7.5m  7本
H鋼300×150    L=8m  12本
H鋼250      L=10m 10本
H鋼300×175    L=8m  12本
H鋼350×175    L=9.5m  5本
H鋼250×125    L=10m  6本
構台杭H鋼300    L=17m  6本

使用機械

--

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

■本現場では25tベースでの施工でしたが、現場内に新設杭(場所打杭)用の鉄筋が仮置きしてある為、安全に施工ができ作業半径及び作業能力を踏まえて50tのラフターベースを選定して施工を行いました。
■現場周辺土質は崩壊しやすい為、崩壊防止液を注入しながら削孔し、削孔後セメントミルクを注入してH鋼を建てこみました。
■構台杭はモンケンで最終打撃し、17mの構台杭をボルトジョイントで建てこみました。

工事内容

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」