株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

神奈川県横浜市

工事概要

2008年 2月 掲載

工種

山留工事

工法

山留H鋼 セメントミルク工法

工事場所

横浜市保土ヶ谷区

明細

H200 杭長:4m~9m 164本、H250 杭長:6m~7m 41本
H300 杭長:6m~11m 31本、H350 杭長:7m~18m 87本
H400 杭長:8m~12m 32本、H450 杭長:8m~17m 17本
H488 杭長:11m~23m 62本
合計 434本

使用機械

TK550CV330(55T テレスコ式クローラー)25SR(油圧ショベル)

RK350CV330(35Tラフター式杭打機) 25Tラフター

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

本現場は搬入口から施工場所まで高低差が20m近くあり、現場も狭く勾配もきつい為、安全に最も配慮しなければならない工事でした。元請会社と現場を把握した上で、安全且つ効率的な施工方法となりました。
1期、2期、3期と施工し、各期ごとに重機の選定をして3回に渡って施工しました。

工事内容

重機設置地盤から打設地盤まで高低差6m、作業半径8mの段差での施工となりました。
1期目はTK550cv330(テレスコ式クローラー杭打機)2期目はRK350cv330(35Tラフター式杭打機)3期目はTK550cv330(テレスコ式クローラー杭打機)で施工を行いました。
雛壇での作業で、オペレーターが施工状況を把握できない作業でしたが、玉掛者と合図者を適正に配置して、安全に作業を行いました。

設置

削孔

安定剤注入

建込

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」