株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

神奈川県厚木市

工事概要

2006年 2月 掲載

工種

既存杭引抜工事
地中障害撤去工事
鋼矢板打込引抜工事

工法

・既存杭引抜工事
オーガーケーシング工法
・地中障害撤去工事
オールケーシング工法
・山留工事
サイレントパイラー圧入工法

工事場所

神奈川県厚木市 某工場解体工事

明細

・既存杭引抜工事
PHC杭 杭径:Ф300 杭実長:9m 84本 杭頭:GL-1800
PHC杭 杭径:Ф300 杭実長:10m 482本 杭頭:GL-1500
SC杭 杭径:Ф400 杭実長:36m 14本 杭頭:GL-1200
SC杭 杭径:Ф500 杭実長:36m 15本 杭頭:GL-1200
PHC杭 杭径:Ф450 杭実長:12m 27本 杭頭:GL-1200

・既存杭撤去工事
杭径:Ф2000 削孔長:GL-36m 10箇所

・鋼矢板打込引抜工事
山留鋼矢板Ⅳ型 L=9m 180枚

使用機械

TK750cv400(75T テレスコ式クローラー杭抜機)

TK550cv330(55T テレスコ式クローラー杭抜機)

0.45m3油圧ショベル

BM900(90T クローラークレーン)

RT2000(全周回転掘削機)

SC650DD2(65T クローラークレーン)

0.7m3油圧ショベル

サイレントパイラー・RK250(25T 相判ラフタークレーン)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

本現場では、オーガーケーシング工法、オールケーシング工法にて既存杭を引抜、撤去致しました。

当初の施工工法は、オーガーケーシング工法で全ての杭の引抜を予定しておりましたが、杭(L=36m)のピッチが狭く、また一部が斜めに打設されていた事 により、オーガーケーシング工法では削孔途中でケーシングが隣接杭に干渉し施工不可能となり、それらの杭の撤去に関しては工法を変更し、オールケーシング工法で施工、完全撤去に至りました。

工事内容

TK750(テレスコ式クローラー杭抜機)により杭周削孔。

杭周削孔後、BM900(クローラークレーン)により杭引抜。

全周回転掘削機へ削孔用ケーシング(Ф2000)建込み。削孔長 GL-36m。

ハンマーグラブにて杭撤去。

道路に近接する近く躯体を解体する為の鋼矢板をサイレントパイラー(SA100)により打込引抜。
(鋼矢板Ⅲ型 L=9m 180枚)

サイレントパイラー(SA100)
RK250(相判ラフタークレーン)

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」