株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

神奈川県横須賀市

工事概要

2013年 4月 掲載

工種

構台杭打設

工法

セメントミルク工法

工事場所

神奈川県横須賀市

明細

構台杭 H350×350 長さ18m~22m 52本

使用機械

TK550cv330 AS4700(杭打機)

25TR(相判ラフター25t)

25SR(残土掘削機)

コンプレッサー(50HP)

発電機(45kvA)

AM-07(プラント)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

本現場では限られたスペースの中で解体工事、地中障害撤去工事(BG機、CD機)、SMW工事、杭打工事(構台杭)と全工事の工期もなく、重機が錯綜しての作業でした。 杭打工事(構台杭)は障害等で位置変更など再施工等にも対応しても地中障害撤去工事の進捗が全工事の施工に関係があり、施工ができない日もありました。 工事車両等、搬入出の導線が1ヵ所で重機配置や施工箇所の調整など元請や業者間で協力して施工を完了しました。

工事内容

オーガースクリュー(Φ600)で所定深度まで地山の削孔状況

スクリューヘッド先端よりセメント系懸濁液注入しながらスクリューの引上状況

杭材(H形鋼)建込状況

杭材(H形鋼)垂直精度確認状況

建込み完了状況

構台杭施工フローチャート

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」