株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

神奈川県鎌倉市某所

工事概要

2019年 3月 掲載

工種

既存杭引抜工事
山留工事

工法

オーガーケーシング工法(既存H鋼杭引抜)
サイレントパイラー工法(鋼矢板引抜)
アボロンセメントミルク工法(親杭・クレーン基礎杭打込)

工事場所

神奈川県鎌倉市

明細

オーガーケーシング工法(杭抜)
H鋼杭(300~500)  杭長さ 10.0m~18.5m  18本

山留各種工法
サイレントパイラー工法(外周部山留引抜)
アボロンセメントミルク工法(親杭・クレーン基礎杭打設工事)

使用機械

TK750CR400 AG12000(杭抜本体機)

0.45m3油圧ショベル(杭頭掘削機)

0.45m3油圧ショベル(解体機)

25Tラフター(鋼矢板引抜相判機)

ECO-100(鋼矢板引抜機)

25TRCV330 AG5000(杭打機本体)

SK35SR(掘削残土集積用)

AM-07(注入用プラント)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

当現場は新設杭に干渉する既存H鋼杭の引抜と同時に外周部山留杭(鋼矢板引抜・H鋼杭打設)の施工致しました。
既存H鋼杭は新設杭と干渉する為、既存H鋼杭の抜き跡を適切に埋戻す必要がありました。
埋戻し施工法は孔口よりセメントミルクを投入しながらH鋼杭を撤去します。
杭抜機のケーシングを取外し、スクリューに変えて杭穴の泥水とセメントミルクをエアー攪拌しながらターニングをして施工いたしました。

工事内容

ケーシング切削状況

引抜状況

スクリュー攪拌①

スクリューエア攪拌②(※下記動画をご覧ください)

鋼矢板引抜

H鋼杭打設

動 画

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」

社員ブログ