株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

福島県郡山市

工事概要

2007年 1月 掲載

工種

既存杭引抜工事

工法

①TK550cv330:オーガーケーシング工法
②RX2000:ユンボオーガー工法

工事場所

福島県郡山市 某貨物ターミナル解体工事

明細

①TK550cv330:オーガーケーシング工法
杭径:Ф350~500 PHC杭 杭実長:16m~22m 102本
②RX2000:ユンボオーガー工法
杭径:Ф300 RC杭 杭実長:5m~7m 408本

使用機械

①TK550cv330
7055(55T相判クローラークレーン)
0.45m3(油圧ショベル)
0.45m3(オオスミ解体機)

②RX2000(ユンボオーガー)
0.45m3(移動式クレーン仕様 油圧ショベル)

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

JR貨物ターミナル構内での作業の為、適宜、貨物列車の運行がありました。列車通過時には作業を停止し安全の確保に努め、周囲の状況に配慮しながらの作業となりました。杭穴の埋戻し、掘削作業時は特に慎重に安全、丁寧な作業を心掛け貨物線路と近接している作業でしたが、何事も無く施工完了いたしました。

 

工事内容

①TK550cv330:オーガーケーシング工法
建物の既存杭の杭径が4種あり、杭径Ф350・400をФ500ケーシングで引抜き、杭径Ф450・500をФ600ケーシングで引抜きました。相判クレーンで引抜杭を安全に倒せる長さで解体機にて切断し、引抜きを完了します。
引抜いた下杭を相判クレーンで上下させながら杭穴の空洞化を極力防ぐ手順を用い効果的な埋戻し措置となります。

②RX2000:ユンボオーガー工法
ユンボオーガーにより軌道の基礎下の杭を引抜きます。杭が短く、連続している為にユンボタイプの杭抜機により効率的な杭引抜作業となります。

①TK550cv330:オーガーケーシング工法

①TK550cv330:オーガーケーシング工法

①TK550cv330:オーガーケーシング工法

②RX2000:ユンボオーガー工法

②RX2000:ユンボオーガー工法

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」