株式会社 丸建興業
地中障害物撤去MRT工法協会
既存杭引抜研究会
menu
menu

東京都渋谷区

工事概要

2020年 5月 掲載

工種

地中障害撤去
山留工事

工法

ロックオーガ工法
セメントミルク工法

工事場所

東京都渋谷区

明細

地中障害物撤去
Φ500 L=8.5m 7本

H鋼打設
H300×H300 L=8.5m 7本

使用機械

35T杭打・抜機 RK350
ダブルオーガ SMD-30KP-SC
オーガ AS-4700
0.15m3ミニショベル 35SR
セメントミルクプラントAM-450w
100KVA発電機 NES100

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

現場総括

シートパイル打設を予定しておりましたが地中障害が出て打設が出来ませんでした。
杭打機フロントにダブルオーガーを搭載し、ロックオーガ工法にて地中障害撤去を行いました。
ケーシングとスクリューによって新設構造物築造の障害となる既存構造物(S造、SRC造を除く)を破砕する工法です。
二軸同軸式のアースオーガーにより、スクリューとケーシングを逆転させながら掘削を行います。
内部のスクリューヘッドはケーシング内部に残るコア状の障害物を破砕し、後工程となる山留杭や仮設杭の施工を可能にします。
GL=-3m~-4m付近でコンクリートガラの様な地中障害物がありましたがロックオーガ工法にて無事撤去できました。
その後H300×H300 L=8.5m打設を行いました。
近隣マンションと近接しておりやりにくい現場でしたが安全に無事に工事を完遂する事ができました。

工事内容

地中障害物撤去

地中障害物撤去2

オーガ削孔

H鋼打設

H鋼打設2

機材搬入

会社案内

採用情報 丸建興業で一緒に働いてみませんか?

社長の「ひとりごと」