株式会社 丸建興業
社長の「ひとりごと」
既存杭引抜研究会
menu
menu

山留杭打抜工事

山留杭打抜工事 H鋼/ロックオーガー工法

工法概要

三点式杭打機、アボロン式杭打機をベースマシンとして、二軸同時式のオーガーを使用し外側にケーシング、内側にスクリューを装着し、互いに逆回転させながら地中障害(基礎、スラブ、耐圧盤等)
を破砕する工法です。
類似工法として、ケーシングとスクリューがそれぞれのオーガーで独立削孔を可能とするセパレート式のドーナツオーガー工法もあります。

施工例

山留杭打抜工事 H鋼/セメントミルク工法

工法概要

ラフター式、テレスコ式のクレーンにリーダー、オーガー、スクリューを取り付け、地盤中の所定深度まで掘削し、掘削孔底にセメントミルクを吐き出した後、杭(H鋼杭など)を挿入して、支持力を発現させる工法です。山留杭打設の工法として一般的であり、ベースマシン及びオーガー能力にもよるが、N値5~20の中位の粘土層や、N値15~50の砂層での施工が適しています。
崩壊の著しい地層では、ベントナイトを混合した掘削液を使用することにより、孔壁崩壊や逸水を防止することができ、杭周面には杭周固定液を充填するため、杭周面摩擦力の低下を防止することができます。

施工例

山留杭打抜工事 H鋼/ダウンザホールハンマー工法

工法概要

硬質岩を強力なダウンザホールドリルによって穿孔でき、玉石、転石等でも施工できます。 山岳地帯でも施工が容易なラフタークレーン式、 テレスコ式、そして高垂直精度施工が行える三点杭打機式があり、またドリルは、ビットの交換により岩盤の性状に応じて選択が行えるなど、広範な作業現場に適用させることができます。

施工例

山留杭打抜工事 H鋼/油圧ジャッキ圧入工法

工法概要

N値が低い(N=10以内)地盤であれば圧入だけで打ち込むことができ、セメントミルク工法と比べて打設スピードが速く、プラントや発電機などの機材や材料が不要となり工費の節減、人員の削減ができます。
また、残土等の発生がないので現場を極力汚さずに施工でき、N値の高い地盤或いは障害等があって圧入できない場合は、オーガーを併用することも可能な為、先行削孔、ジャッキ圧入という工法も可能です。

施工例

山留杭打抜工事 H鋼/バイブロ工法

工法概要

振動パイルドライバー(以下“バイブロ”と称す)を用い、主として鋼矢板、H型鋼、鋼管杭、コンクリート杭に上下振動を与え、バイブロ重量+振動にて杭の打込みを行います。また、杭引抜時は振動にて周辺地盤と杭の縁切りを行いクレーンにて引抜きます。高能率で優れた経済性から現在も数多く使われていますが主に都市部では振動騒音が発生する為に数年前から、地盤振動と騒音を低減させた公害対策型の低公害バイブロが市街地でも使われるようになりました。

施工例

山留杭打抜工事 鋼矢板/サイレントパイラー工法

工法概要

無振動、無騒音、無削孔工法です。反力架台で鋼矢板3~4枚圧入後は、その建て込みした矢板上を自走します。そのため、矢板吊込みだけのクレーンで施工ができ、水面上でも足場が不要、地中障害(歩道橋、高圧線、電話線)との距離(地上高)が最小で施工できるなどの特長があります。
単独圧入での施工は、N値10以下程度で可能ですが、ジェットを併用することにより砂質等の固い地盤での施工も可能です。

施工例

山留杭打抜工事 鋼矢板/オーガー削孔同時圧入(HAS)

工法概要

オーガー削孔同時圧入(HAS)工法は、無振動・低騒音で鋼矢板の圧入施工ができます。三点式杭打機をベースマシンとし、オーガーにスクリューとケーシングを装着させ、そのケーシングに鋼矢板を取り付けることにより、鋼矢板の先端部のねじれやそりが生じることなく削孔圧入できる工法です。N値の高い砂層、礫層等の支持層でも安全な施工が可能です。また、スクリュー先端よりセメントミルク液を吐出し地盤を回復させることもできます。

施工例

山留杭打抜工事 鋼矢板/三点式杭打機圧入工法

工法概要

ラックアンドピニオン式リーダーを使用する三点式杭打機をベースマシンとし鋼矢板をチャッキングし、単独圧入する工法です。

施工例

山留杭打抜工事 鋼矢板/バイブロ工法

工法概要

振動パイルドライバー(以下“バイブロ”と称す)を用い、主として鋼矢板、H型鋼、鋼管杭、コンクリート杭に上下振動を与え、バイブロ重量+振動にて杭の打込みを行います。また、杭引抜時は振動にて周辺地盤と杭の縁切りを行いクレーンにて引抜きます。高能率で優れた経済性から現在も数多く使われていますが主に都市部では振動騒音が発生する為に数年前から、地盤振動と騒音を低減させた公害対策型の低公害バイブロが市街地でも使われるようになりました。

施工例

山留杭打抜工事 鋼矢板/LHV工法

工法概要

本工法は、油圧ショベル(0.25m3~0.7m3)のアーム先端にLHV油圧バイブロを装備する杭打工法です。杭打機の中でも小型で、組立作業にも時間を多く要しません。
H鋼、鋼矢板、軽量鋼矢板の打込引抜きが可能です。