株式会社 丸建興業
社長の「ひとりごと」
既存杭引抜研究会
menu
menu

DHJ-45

機械紹介 DHJ-45

  • 狭隘地で施工が可能な小型機だが、非常に高いトルクのオーガー能力を持っている。
  • ロータリーを併用し油圧アタッチメントを回転させることが可能で、障害物を「ねじ切り撤去」することができる。撤去時間の短縮となる。
  • 類似するBG工法やマルチドリル工法で使用する機械よりも「低振動」「低騒音」な機械仕様で設計されている。
  • 特殊パワージャッキを併用することで大口径、大深度掘削が可能となり、高い鉛直精度を保つ仕様である。
  • 狭隘地での施工を可能とするため、4.9tクレーンで組立解体可能な設計仕様としている。
DHJ-45